2011年10月9日日曜日

10・29原発さようなら高知県民のつどい


高知でも、いよいよ原発ゼロをめざす運動に本隊が動き出した。

6月、9月にNacksがグリーン市民ネットと共同して呼びかけたデモは、あくまでも導火線的な役割で、立ち上がりが鈍い既存左翼にエンジンがかかるまでのつなぎと思っていたので、もう少し機敏にやってほしかったという思いはあるが、とにかく動きだしたことは支持したい。

Nacksとしても、成功のために力を尽くすつもり。

画期となった9・19型=既存左翼の統一にネット・無党派が合流するスタイルは、すでに高知では6月、9月ともできあがっていたのだが、今回の10・29行動は、労組側が主体的にそれを作り上げたことが大きい。これを恒常的な共同体にしていくことを目指すことが話し合われているようなので、ぜひ実現してもらいたい。

陣容をみると、いにしえの革新統一、高知市長選型というか、総評型というか、フルキャストになっている。

労組主導型で土曜の14時からの集会というのは異例だ。社民系ではあまり聞いたことがない。動員といえば平日夕方が定番。多くの県民に開かれた取り組みにするという意気込みのあらわれだろう。

問題はやはり数である。この間の市民グループ呼びかけでも数百人の参加があっているわけで、労組が結集するなら1500や2000人はいきたいところだが、ノルマは1000人というところか。

集会の運営は9・19に学んで、あまり労組・労組しない配慮がほしいので、その旨は伝えておこうと思う。要求スローガンなしで、団体旗だけを持ってくるのもやめてほしい。

あとはデモ。労組型だけではつまらないので、鳴り物入り、パーカッション、コスプレなどネット無党派系は楽しくやれたらとい思います。

そして来年の3月11日は、この陣容を土台に保守系にもウイング広げて1万人デモをめざしたいなと。

2011年9月13日火曜日

9.11高知行動に200人

9・11高知行動には、市民グループ、インターネットで情報を知り参加した方、労組・民主団体(原水協系、原水禁系ともに)などから200人の参加がありました。

厳しい残暑の中、帯屋町、電車通り、四国電力高知支店前をデモ行進して「原発いらない」、「伊方を廃炉に」と訴えました。

今回は、前回の反省点から簡潔な開会あいさつをすることにして、デモ出発の前に丸ノ内緑地公園でナックス・山本博永が、「事故から半年たつが収束しない。コメの汚染が心配、子どもの被曝を防がなくてはならない」、グリーン市民ネットワークの丸井美恵子さんが「溶けた燃料の状態もまったくわからず、まだまだ危険な状態。事実を直視し、多くの人に伝えたい」と述べました。

デモ終了後は、同公園でミニトーク・ライブも取り組まれ、原発賛成派だったが、福島の母親の母乳からセシウムが出たことを知り「これはヤバイ」と考えるようになり、デモに初めて参加したという県立高校生などが発言しました。

ナックスとしては、これからも適宜、行動を呼びかけていきますが、ひとつ提案があります。来年の3月11日は日曜日で、復興と反原発の一大行動日になると思われます。

つきましては、高知でもちょっとこれまでにない規模の取り組みをやれないかなと思っています。大風呂敷がすぎるかもしれませんが、5000や1万人くらいは集まるような仕掛けを、幅広く準備していくことを、各方面の方々に呼びかけたいと思います。

2011年8月14日日曜日

9.11脱原発パレード 高知アクション

東日本大震災と福島第一原発事故発生から半年になる9月11日(日)、「原発はいらない」という声を、全国に連帯しながら、みんなであげる場として、パレードに取りくみます。

放射性物質による深刻な環境汚染、食べ物、子どもや若者の被曝・・・。これから日本はどうなってしまうのだろうかと、みんなが心を痛めています。

にもかかわらず、いまだに原子力発電に固執し運転の再開を求める声は止むことを知りません。

停止している原発の再稼働を許さず、自然エネルギーへの転換を一気にすすめていくためには、私たちが声を上げ続ける以外にありません。みなさんの行動への参加を呼びかけます。


9.11脱原発パレード 高知アクション





9月11日(日)11時、高知市丸ノ内緑地公園集合。

帯屋町商店街、四国電力高知支店前などをパレードします。

鳴り物や手作りプラカード歓迎、どなたでもお気軽に。


呼びかけ 「グリーン市民ネットワーク高知」、「なくす、原発。Nacks」


パレード終了後は、呼びかけ団体が丸ノ内緑地公園で、トーク集会や野外ライブを計画する予定。
(写真は6月11日、高知市でのデモ)


※できるだけ賑やかにやりたいと思います。関心のある方、「俺はこんなことできる」という方、楽器できる方など、ご一報を。

2011年8月4日木曜日

9.11行動へ

6・11行動後、しばらく休業しておりましたが、福島第一原発事故の影響は、ついに日本民族の食をおびやかすところまで広がってきており、はっきりいってかなり状況はよくありません。

政治の場での「脱原発」は、政争の具でしかなく、まじめに考えている様子はないし、電力・保安院やらせ問題、原発コングロマリットの泥沼は果てしなく深く、原発に固執する勢力が依然として跋扈しているのが現実です。

圧倒的な世論の前に、再稼働は許してはおりませんが、人々がもう一段、二段と行動のステージを上げ、声を上げ続ける以外に現状を変えるすべはないと思います。

次回の全国的な大規模な統一デモは9月11日ということになっているようですので、高知県でもなるべく幅広い形で、「原発いやだ」という声を一点に束ねることができるようNacksとしても力を尽くします。

2011年6月22日水曜日

伊方3号機プルサーマル再開準備

四国電力・千葉社長、7月10日の3伊方号機再稼働に向けて、6月24日に16体のMOX燃料を含む核燃料を装塡(そうてん)し、プルサーマル発電の準備にかかるとのこと。何の安全性の検証もされていないにもかかわらず。


四国島民の声を四国電力に集中しなければなりません。



2011年6月13日月曜日

3号機再開反対の声を

現在、定期検査中で停まっている伊方3号機の再開予定日は7月10日となっています。

当面、四国各県の反対運動を「3号機を再開させるな」に集中させる必要があると思います。市民グループのデモの計画は当然やっていきますが、反対派議員や労組のみなさんの共同もひろげてさらなる活動強化に期待したいところです。

市民グループ型の7月10日を視野に入れた統一デモを提起するならば7月2、3日あたりになるのでしょうか。

また、たとえば反原発派の議員は党派を超えて共同してもらって、雁首そろえて四国電力や各県知事に団交みたいなことを申し入れどんどんプレスをかけてもらう。

議員さんに公開質問状を出すのもいいですよね。特に衆院は解散も近いとのことですので、原子力発電への賛否や再開の可否を問うことはかなり効くと思われます。これは市民グループがやるべきですね。

とにかく相手が四国電力ですから、東京の動きだけを待っていてはタイミングが合わない可能性があります。四国は四国で考えなければなりませんよね。

そうこうしていたら1号機がすぐ停止に入り、数ヶ月後には2号機も停止です。

2011年6月11日土曜日

高知市デモに300人

6・11脱原発100万人アクションIN高知のデモ約300人の参加で無事に終わりました。あいにくの天候でしたが、参加されたみなさま方、本当にお疲れ様でした。

デモ出発の時にはちょうど雨も上がり、参加者は「原発いらない」という声を元気に響かせアピールしました。

みなさん、また次のデモでお会いしましょう!

2011年6月10日金曜日

Nacksカード


ナックスのフライヤーというか名刺というのかよく分かりませんが、宣伝担当Yがカードをちょこちょこと作りました。なかなか、よくできてると思います。きれいなんだけど、そこに漂う不気味さが。

明日はどうやら雨確定ですが、予定通り11時からデモやります。

お子さん連れとかで雨がしんどい方は、ひろめで待ちよってください。そこからなら、あとはずっとアーケード内で傘はいりませんので。

2011年6月8日水曜日

脱原発メガホン製作

6月11日のデモが近づき、鳴り物を準備する必要に迫られて、あれこれ探していたら、とりあえず思いついたのがメガホン。100均のが丁度転がっていた。

うまい具合に黄色だ。これにあの放射能マークを入れればバッチリじゃんか。

貼るところが曲面で、おまけに当日は雨っぽいので、下手に貼ってもぼろぼろになる。ステッカーがあればいいのだが、そんなものもないので、思い悩んだ挙げ句、掟破りのフリーハンド!


意外と雰囲気がでたのではないかと自己満足。100均はデモグッズの宝庫です。みなさんも一工夫してみてください。市販品のグッズ作れば、売れそうですよね。

高知市のデモは11時に丸ノ内緑地公園出発。雨天時はアーケードを往復しますので、ほとんど濡れません。

6・11デモ迫る

いよいよ6月11日のデモが迫ってきました。母乳からセシウム検出、史上最悪の海洋汚染・・・もう原発はまっぴらです。

心配な降水確率も下がってきましたので、なんとかお陽様に踏ん張ってもらいたいところ。雨の場合にはコースをアーケードの往復にする予定です。



さて、デモといえばプラカードですよね。定番のロゴはこちらからダウンロードしてプリントすればできあがり。

さらにオリジナリティのある手書きのもあるといいですよね。パーカッションや鳴り物もほしい。

学生時分にドラムをやっていた友人に「スネアをもってこい」と言ったのですが、処分してもうないので、カウベルでも買いに行くと言ってました。

個人的に言うとプラカードに棒をつけて持つより、棒なしで手で持ち上げてアピールしているほうが断然格好いい。訴えかける力があります。ただ結構疲れるので根性が必要かも。
高知のデモは丸ノ内緑地公園に10時半に集合して11時出発!!

2011年5月24日火曜日

脱原発100万人アクションin高知のよびかけ



6月11日(土)11時(10時30分頃集合)

高知市丸ノ内緑地公園を出発し帯屋町をデモ

東日本大震災による福島第一原発事故。放射能汚染は日に日に広がり、事態は泥沼化し深刻さを増しています。事故発生から三ヶ月になる6月11日(土)に「脱原発100万人アクション!」が全国的に予定されています。

高知市でも、この呼びかけに応えて、全国の各地域とともに行動を起こすことになりましたので、みんなの参加を呼びかけたいと思います。

6月11日(土)11時、高知市丸ノ内緑地公園を出発して帯屋町周辺をデモします。

「原発はいやだ」という人なら誰でも自由に参加できます。

思い思いのプラカードや鳴り物でもさげて(無くても可ですよ)、三々五々、「原発いらない」、「伊方を止めて」という声をあげてみませんか。面白そう、やってみたいと思われる人は、気軽にお友達や仲間を誘ってのぞいてみてください。

呼びかけは「グリーン市民ネットワーク高知」、「なくす、原発。Nacks」、「天の川工房」。

この呼びかけは、「原発はいや」という意思表示をする場を提供するもので、行きがかり上、上記グループが準備しましたが、主導するものではありません。主人公はみんなです!(写真は5月7日東京渋谷)
6・11デモのビラできました。拡散希望。

2011年5月21日土曜日

脱原発四万十行動に70人

5月21日、四万十市で取り組まれた、脱原発四万十行動。雨の中、約70人が参加。写真上は四万十川河川敷をで出るデモの隊列。
写真下は四国電力中村支店前でメルトダウンブルース伊方バージョンを熱唱する浜田裕介。


デモの様子(高知民報社撮影)

2011年5月20日金曜日

脱原発100万人アクションin高知

大震災による福島第一原発事故発生から三ヶ月をむかえる6月11日(土)に、脱原発100万人アクション!が全国的に呼びかけられています。

高知市でも、この呼びかけに呼応して、幅広い行動をつくることができないかという話し合いが市民グループ有志でもたれており、近くデモの呼びかけが公表される運びになっています。

詳細な内容は正式発表に譲るとして、アウトラインを一足先にお知らせしておきます。

6月11日(土)11時、高知市の丸ノ内緑地公園を出発して、帯屋町周辺をデモします。

「原発はいやだ」という人なら誰でも自由に参加できます。思い思いのプラカードや鳴り物でもさげて(無くても可ですよ)、三々五々、気軽に「原発いらない」という声をあげる行動に参加してみませんか。

よびかけは、「グリーン市民ネットワーク高知」、「なくす、原発。Nacks」、「天の川工房」の三者。

2011年5月18日水曜日

脱原発四万十行動の呼びかけ

中村の大西さんたちが、面白い動きをしているようです。Nacksも「脱原発四万十行動」成功を応援します。


★5月21日(土)13:30 四万十川赤鉄橋お祭りひろば集合

☆伊方原発も浜岡原発と同じように危険な立地条件にあります。もし何かあれば四国の水源地は汚染され、人の住めない島になります。早くとめないと‥‥。
「原発こわい」「早くとめないと」と思っているあなた。ひとりひとりの思いを持ち寄って力をあわせましょう。

★ひろば→南国ハイヤー→一条神社→四国電力→ひろば(デモコース)
★プラカード、ゼッケン、Tシャツ、バッヂ、鳴り物など、あなたの「原発とめよう」の思いを込めたものを持って参加してください。待ってるヨ。

★主催:脱原発四万十行動★連絡先:大西(090-2784-6588)
カテコテ・山本(夜のみ0880-34-0902)
濱田(090-5273-3771)
広瀬(090-4335-8531)

2011年5月17日火曜日

はじめてのデモ

はじめてのデモ PDF (ver. 1.1)

若者の怒り

今、「原発をなくせ」と行動している若い女性、青年たちの姿が目につく。

残された人生がまだまだ長く、子育てをこれからする若い世代にすれば、原発のおかげでなにがしか「潤った」ところは、全部上の世代に持っていかれて、遺されたのは、気が遠くなるような後始末だけ。自分たちが望んで原発を建てたわけじゃないのに。

仕事がないだけかと思っていたら、水も飲めない、空気も吸えない・・・。

にもかかわらず、この期に及んで、まだ原発にしがみつこうとするオヤジたち、政治家、官僚、電力会社。

冗談じゃないと、若者が怒るのは当然だ。

6月11日の統一デモの話し合いが高知市でもすすんでおり、近く呼びかけが発表されることになると思います。

写真は5月7日の渋谷。

2011年5月16日月曜日

5月7日渋谷脱原発デモ

5月7日、「素人の乱」が呼びかけた渋谷のデモの様子。小雨の中、1万人以上の市民が参加しました。デモ参加者は原宿駅前、表参道、青山通り、渋谷センター街など日本一人が多い繁華街で、思い思いのプラカードや鳴り物で「原発いらない」とアピールしました。

2011年5月15日日曜日

6・11行動のこと


事故発生から2カ月がたち、いまだ放射能を垂れ流し続ける福島第一原発。

いまさらながらのメルトダウンの発表、汚染した膨大な水の処理。問題解決までいったいどれくらい時間がかかるのか、想像もできません。写真は5月7日、渋谷のデモ。若い世代の脱原発への熱気を感じました。

さて、6月11日には全国的な脱原発100万人行動が呼びかけられ、ここ高知市でも、これに呼応する動きが始まろうとしていますが、ネットやツイッターで集まる個人の方々とともに、原発反対運動に取り組んできた方々の幅広い力を一堂に結集することができるような形態になればいいなとNacksとしても考えております。